レンジ相場とは

そもそもレンジって何なんだ!?

レンジオプションがどのような取引かを確認するために、まず「レンジ」という単語の意味を調べてみましょう。

レンジオプションの「レンジ」とは?

まず、英和辞書で調べるとレンジは英語で「range(レンジ)」といい、日本語で言うところの「範囲」という意味を持っていることがわかります。この単語の意味から分かるように特定の範囲内で、取引銘柄の価格推移を予想することが判断できます。

なお余談ですが、加熱調理でおなじみの電子レンジのレンジとは違います。この場合のレンジは和製英語であり、英語では「microwave oven(マイクロウェーブ オーブン)」というそうです。バイナリーオプション取引では、決して加熱調理はできませんのでご注意ください。

レンジオプション取引のルールを確認する!

さて、本題に入っていきましょう。レンジオプションの取引ルールは、レンジの意味が指す通り「特定の範囲内にとどまるかどうか」を予想するものとなります。ハイローオプションでは、「ハイ(高い)」か「ロー(低い)」を選択しました。レンジオプションでも同様に「イン(内側)」あるいは「アウト(外側)」の2択から予想を行います。

予想方法 イン アウト
役割 一定時間後、範囲内に収まることを予想 一定時間後、範囲外に出ることを予想

一定時間後の相場が、範囲内に収まっているのであれば「イン」範囲外へ移動するのであれば「アウト」を予想します。範囲設定があるため、ハイローオプションよりも取引成功率が高くなる傾向にあります。しかし、その取引成功率の高さゆえに、業者によってはどちらか一方の選択肢のみを用意しているところが多いようです。

そのため、大きく相場が動かないと場合に限り、レンジオプションの取引ルールでインを選択することが非常に有効です。もちろん、逆も成り立ちます。相場変動の条件と投資の選択肢が合っているのであれば、レンジ相場への投資を考えてみましょう。

コメントを残す